【妊活にストレスは大敵?】仕事を辞める?続ける?

投稿日:2017年7月16日 更新日:

仕事も家庭も大切にしたい女性であれば、妊活と仕事の両立をなんとか成立させたいと考えるのは当たり前。
職場の人間関係や取引先との関係、目標ノルマなど仕事をしているとさまざまなストレスが降りかかりますが、妊活自体にもさまざまなストレスがあるものです。仕事は順調だけど妊活がうまくいかないためにストレスや悩みの種となり、心身的な疲れから仕事に影響が出てしまうなんてことも・・・・
つまり、妊活と仕事を両立するにしても、仕事を辞めて妊活に集中するにしても、それぞれメリット・デメリットがあるということに。

妊活と仕事を両立させる??

周囲に妊活を知られている場合は職場で「赤ちゃんまだなの?」と聞かれたりするとストレスになりますよね。同僚や後輩の妊娠や、職場に産休中の社員が赤ちゃんを連れてきたりするのもストレスの原因になったりするものです。
不妊治療をしている方の場合には治療との両立がなかなか難しいという点もあります。クリニックに通うために遅刻や早退をすることが周りの人に理解してもらえなかったり、治療がうまくいかなくて仕事に集中できない、なんてことも。
また、ストレスは子宮の機能を低下させ、卵子の排出がスムーズにいかなくなるなどの悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

仕事を辞めて妊活に集中する??

仕事を辞めた場合のデメリットは、

  • 収入が少なくなり妊活にお金をかけにくくなる
  • 最終的に妊活がうまくいかなかった場合の精神的負担が大きい
  • 四六時中妊活のことを考えてしまう

妊活中、とくに不妊治療をする場合にはかなりお金が必要になってきます。体外受精や顕微授精にステップアップするとなれば尚更です。下手をすると1ヶ月で50万円以上掛かるなんてことも・・・・・
また、キャリアアップを目指していた女性の場合には、仕事を辞めることで実質的にその道を閉じることになってしまいます。
ただ、ストレスが軽減されることで妊娠しやすい体を作る土台はできるのかもしれませんが、その結果として妊娠に成功するかどうかはまた別の話。
人によっては仕事のモチベーションややり甲斐を感じられるからこそ、精神を穏やかに保てる人もいると思います。

まとめ

ストレスは不妊のもと!なんて言われていますが、「私が妊娠できないのは仕事を続けているせいかも・・・」という極端な考えは避けましょう。
金銭的に余裕がある、現在の職場でのキャリアアップは特に望まない、なんて方は仕事は辞めて好きなことをめいいっぱい楽しみながら赤ちゃん待ちするのもいいかもしれませんね。
妊活と仕事をなんとか両立させたい、という方は没頭できる趣味やストレス解消の方法を持つことがおすすめです。
映画鑑賞やテレビ、ゲーム、運動など何でも良いので、自分が楽しい!面白い!と思える好きなことに夢中になれる時間を作ることが大切です。
特に、程よい運動はリラックス効果が得られるだけでなく、体を温めて機能をアップさせる効果があります。子宮が温まることでその働きも活発化するので、運動によるストレス解消はもっともおすすめの方法となります。
また、ストレスに強くなる栄養成分を摂取するのもおすすめです。
カルシウム、マグネシウム、ビタミンC、亜鉛などはストレスに強い体づくりをサポートしてくれると言われています。
ゆっくりと体を休める時間を作ることも大切なので、あれもこれもやらなきゃ!と思いつめないようにしてくださいね。
この機会に、自分には一番何が大切なのかを考えてみるのもいいかもしれませんよ。

Copyright© ベビなび , 2019 All Rights Reserved.