妊活の基礎知識

妊活中はタバコ・カフェイン・アルコールはNG!?

更新日:

妊活中はどうしても「妊娠しやすい!」「不妊に効果!」なんて言葉に敏感になりがちですよね。では、妊活中にNGと言われるカフェイン、タバコ、アルコールは一体どうなのでしょうか???

タバコは卵子・精子に悪影響???タバコは妊活男女にとって良いことはひとつもありません。
妊娠を望む男女の喫煙は

  • 血流悪化による卵巣・子宮の機能低下
  • 女性ホルモンの減少
  • 精子の運動率の低下
  • 精子の奇形率の増加

といった影響を及ぼすと言われています。
受精しても着床まで進まない、そもそも受精に至る元気が精子にないなど、全体的に言えば妊娠しにくい環境になってしまうのです。
もちろん、若さや健康度でカバーできる部分はあるものの、妊娠を意識するのであれば年齢に関わらず男女ともにタバコは百害あって一利なし。
なお、受動喫煙でも同じように悪影響を及ぼすらしいので、奥さんだけ禁煙していても旦那様がすぐ近くで喫煙していたら意味がありませんよ。

アルコールで男性不妊に???

アルコールは適量ならば問題ないようです。適量の飲酒は体の緊張をほぐし、血液循環が良くなるため悪い影響はないとされています。
ただ、飲み過ぎはNGです。ビールなら中ジョッキ1杯を週1〜2回、ワイン・日本酒なら1〜2合くらい。
気をつけたいのが男性の飲酒。アルコールには体内の亜鉛を減らす作用があると言われています。亜鉛は元気な精子を作り出すために必要な栄養素なので、お酒の飲み過ぎは精子の数が少ない「乏精子症」や運動率が低く精子に元気がない「精子無力症」などの原因になりかねません。
男女ともに飲み過ぎには気をつけましょうね。

カフェインの摂り過ぎに注意!

たばこやアルコールの他に妊活中には良くないと言われるものにカフェインがあります。
カフェインはコーヒーや緑茶、紅茶にも含まれているため、気づいたら結構な量のカフェインを摂取していた、なんてことも。
カフェインには血管を収縮させる作用があるため、血流が低下し体が冷える原因になります。
これは温かいコーヒーなどホットなものにしても同じこと。飲み物自体の温度ではなくカフェインそのものに問題があります。
しかし、妊活中にコーヒーを絶対飲んではダメというものではありません。一日に4杯程度までは飲んでも大丈夫なようです。
コーヒーが大好きだからつい飲み過ぎてしまう・・・なんて方は、これまで飲んでいたコーヒーをカフェインレスにするとか、適度な運動を取り入れたり入浴時に湯船にゆったり浸かったりして体を内面から温めてカフェインによる体の冷えをカバーするようにするといいかもしれませんね。
また、カフェインは体に必要なミネラル類を排出してしまう難点も。コーヒーやお茶には利尿作用があると言われますが、これはカフェインの作用によるもので、あまりものカフェインが作用しすぎると尿とともにミネラルが排出されてしまうのです。
鉄やカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルは必須な栄養成分なので、普段からカフェインの摂り過ぎには気をつけましょう。夏の水分補給などでどうしてもお茶をたくさん飲みたい場合は、カフェインフリーの麦茶やルイボスティーを中心にするのがおすすめです。
なお、妊活女性にハーブティーが人気ですが、ハーブティーの中には子宮の収縮作用があるものもあるのでよく調べてから飲むようにしましょうね。

-妊活の基礎知識

Copyright© 妊活サプリおすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.