【妊娠するためにできること】積極的に摂りたい食べ物と飲み物とは??

投稿日:2017年3月26日 更新日:


人間は食べ物や飲み物から必要な栄養を摂取し、体内に吸収しています。妊娠しやすい体作りには、食べ物や飲み物の質は大いに関係します。
こちらのページでは妊娠を希望する時に積極的に摂取したい食べ物・飲み物を紹介していきますね。

 妊娠しやすい体質とは?

妊娠するためには体温が高く新陳代謝が活発ないわゆる健康的な体が理想です。それには

  • 体を冷やさないようにすること
  • 妊娠するにあたって必要な栄養素をしっかりと摂取すること

の2点が大切です。

妊娠しやすい体質になるために積極的に摂りたい食べ物とは?

栄養バランスのとれた食事をすることがまず大前提にはなりますが、その中でも意識して摂取したいものは、

  • 体を温める作用のあるもの
  • 細胞などの体を作るのに必要不可欠なたんぱく質
  • 貧血や子宮の環境を整える効果のある鉄分
  • 女性ホルモンの分泌促進効果のある亜鉛
  • 細胞分裂や受精卵の着床サポート効果のある葉酸
  • 卵子の老化抑制効果のあるカロテンやビタミンCとE

です。

体を温める食べ物

体を温める食べ物は人参やごぼうなどの根菜類・黒豆や小豆などの豆類・しょうが・ねぎ類・りんごなど

摂取したい栄養素の豊富な食べ物

たんぱく質:肉・魚・卵・チーズやヨーグルトなどの乳製品・豆腐や納豆といった大豆製品など
鉄分:豚や鶏のレバー・マグロ・あさり・ひじき・ほうれん草など
亜鉛:牡蠣・豚レバー・牛肉(肩)・卵黄・パルメザンチーズ・アーモンドなど
葉酸:レバーペースト・納豆・枝豆・モロヘイヤなど
カロテン:大葉・モロヘイヤ・人参など
ビタミンC:赤ピーマン・芽キャベツ・レモンなど
ビタミンE:あんこうの肝・ナッツ類など
これらの食べ物を積極的に食事に取り入れ、体を冷やさないために温かい調理法で摂取するように心がけましょう。

妊娠しやすい体質になるために積極的に摂りたい飲み物とは?

体を冷やすと体内の代謝が悪くなってしまいます。食べ物と同様、飲み物も体を温める作用のあるものをホットで飲むのがおすすめ。
体を温める作用がある飲み物は、

  • しょうが湯
  • ココア
  • 黒豆茶
  • たんぽぽ茶

などです。
また、体を温める以外で妊活中にとても大切なのは体内の酸化を抑制することです。体が酸化すると体内の機能が老化する恐れがあるため、ココア、ルイボスティー、ローズヒップティーなど抗酸化作用のある飲み物を摂取するのがおすすめです。
たんぽぽ茶には体を温める以外にも妊活中に積極的に摂取したい成分、葉酸・マカ・ルイボスティー・ローズヒップティーなどが入っています。たんぽぽ茶は漢方としても使用されており子宮の環境や卵胞の質を良くすると言われているので赤ちゃんが欲しい!と思っている方にはぜひ取り入れてもらいたい飲み物です。
食事の時にはたんぽぽ茶を、甘いものが飲みたい!というときにはココアや蜂蜜入りのしょうが湯にするなど工夫をすることで無理なく続けられるはずですよ。

妊娠しやすい体質になるために積極的に摂りたい食べ物と飲み物まとめ

以上、妊娠しやすい体質になるために積極的に摂りたい食べ物と飲み物をまとめてみましたが、いかがでしたか?
毎日の食べ物や飲み物を改めて意識してみると、妊活中に摂取すべき栄養素が不足していたり体を冷やしていることなどに気づくはず。妊活に良いと言われる食べ物や飲み物は体にも良い食べ物です。
体に良いうえ、妊活にも効果が期待できる食べ物や飲み物で妊娠しやすい体を目指してくださいね♪

Copyright© ベビなび , 2019 All Rights Reserved.